空き家管理の重要性

空き家に関しては管理されていないとなると防犯上にも衛生上にも周辺住民に対して不安感を与えてしまいます。それだけでなくもしかすると、税金が上がるということにもなりかねず、自治体の方から撤去命令が出されるという可能性すらあります。そうなってくると空き家をどうするのかを考えて、どのように管理していくのかということを決めていかないといけなくなってしまいます。空き家管理の重要性はますます増してくるばかりです。

いろんな犯罪に利用される可能性がある

空き家管理
空き家管理をしっかりとやっておかないと、犯罪に利用される可能性があるということです。勝手に空き家に入り込んで物品を盗み出したり、知らない人が不法侵入したりすることがあります。空き家であるということが分かれば、他人があれこれと犯罪めいたことをやるという可能性が出てきます。

空き家であってもしっかりと管理されているということであれば、他人が勝手なことをやるということはないわけですが、管理がされていないということが分かれば犯罪者はこの空き家をターゲットとすることがあり得ます。何らかの犯罪が起きてからでは遅いですので、空き家管理をすることで犯罪を未然に防ぎましょう。

周辺住民に迷惑がかかる可能性がある

空き家はきちんと管理しておかないと、周辺住民としては何かと不安を感じてしまうものです。管理されていない家というのは劣化するのが早くなりますので、それを見て不気味さを感じるものです。それは周辺住民から見るとあまりいい気持ちがしないです。

完全に空き家を放置していると、雑草が生い茂ったり、害虫が発生したり、カビが生えたりもします。こういう状況というのは家にとって良い状況ではないことが分かるのではないでしょうか。自分たちだけでなく周辺住民にとっても良くないわけです。

家の資産価値を維持する必要がある

家の資産価値
人が住んでいる家に比べると、人が住んでいない家というのはどうしても老朽化が進むのが早いです。人が住んでいない場合には換気が行われることはないわけですので、家の中がどんよりしてしまうということがあるでしょう。家の外はまだよくても、家の中は相当痛んでいるということが言えます。

空き家を取り壊すということであれば、そこまで資産管理について気を配る必要はないわけですが、空き家を売却したり、リフォームして住んだりする場合には家の資産価値を維持していかなければいけないわけです。そうしないと買い手がいなくなったり、リフォーム代が高くなったりします。

空き家を放置することができなくなっている

たとえ空き家であっても、それを管理していく責任があります。空き家に対して何か起きた場合には、当然ながら所有者が責任が問われることになるのではないでしょうか。空き家問題がクローズアップする中で、周辺住民だけでなく自治体にとっても大きな問題となっています。

何らかのトラブルを抱えている空き家に対しては自治体による指導や勧告などができるようになっており、それに従わない場合には氏名や住所を公表して、行政代執行までできるということになっています。遠くでなかなか見に行くことができないという言い訳が通用しなくなっています。

空き家の管理は重要になってきている

空き家を放置すると、いろいろな犯罪に使用されたり、周辺住民に迷惑がかかったりします。家の資産価値を維持するという意味においても空き家管理をしなければいけません。空き家が遠くても放置をすることができなくなっています。

参考サイト

空き家管理の一括見積もり
■空き家管理費用比較君|東京・大阪など日本全国の空き家対策・管理「http://www.akiyakanri-hikaku.com/」