空き家管理サービスはどういうことをしてくれるのか?

住宅が空き家になってしまう理由というのはさまざまあるかもしれませんが、相続によって手に入った家の処分に困っているというケースもあり得ます。最終的に自分が住むにしても、解体するにしても空き家を管理していくことは非常に重要です。自分で日頃から管理をすることができないのであれば、不動産会社がやっている空き家管理サービスを依頼するのも一つの手ではないでしょうか。今回はこういうサービスがどういうことをやってくれるのかについて紹介します。

外部巡回サービスのみを行ってくれる

空き家の外部的なところについて巡回してどういう状況なのかということを写真で報告してくれます。具体的には庭木の状況の確認や、外壁のひび割れの確認、侵入者がいないかどうかの確認、郵便物を転送してくれるサービス、玄関周りの清掃や除草などをしてくれたりします。写真での報告のほかにも、近隣住民とのトラブル対応などもやってくれます。

外部巡回サービスは安ければ月100円からやってくれて、しっかりした管理であれば月5,000円程度から利用することが可能です。

内部巡回サービスも行ってくれる

資産管理について重視して管理をしてほしいのであれば、外部巡回だけでなく内部巡回も付ける必要があるでしょう。住宅の劣化は中から起こっているということが言われていますので、換気をしたり、蛇口を使ったり、室内の簡易清掃をしたりすることで内部の状況を報告してくれます。内外部巡回サービスまで行くと月10,000円程度から利用することができます。

大きく分けて2つのことをやってくれる

空き家管理サービスは外部巡回サービスのみをやってくれる所と、内外部巡回サービスをきっちりと行ってくれる所とがあります。どこまで求めるのかによって決めればいいのではないでしょうか。

関連する記事